「マラバール2019」、日米印の最新鋭哨戒機が厚木基地に集結 - 厚木飛行場 | FlyTeam ニュース

都市
神奈川 [日本]
コード
IATA : NJA | ICAO : RJTA
ホームページ
海上自衛隊 厚木航空基地 日本語あり
Naval Air Facility Atsugi 英語あり
空港周辺ホテル
予約サイト
BOOKING.COM
厚木飛行場 - Naval Air Facility Atsugi [NJA/RJTA]で撮影された厚木飛行場 - Naval Air Facility Atsugi [NJA/RJTA]の航空機写真

Copyright © NFファンさん

「マラバール2019」、日米印の最新鋭哨戒機が厚木基地に集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:マラバール開始前の記念写真

マラバール開始前の記念写真

  • ニュース画像 2枚目:インド海軍のP-8I
  • ニュース画像 3枚目:左からP-8A、P-1、P-8I

日米印共同訓練「マラバール2019」に参加する、アメリカ海軍、インド海軍、海上自衛隊の哨戒機が2019年9月30日(月)、海上自衛隊厚木航空基地に集結しました。

アメリカ海軍、海軍哨戒飛行隊VP-5マッドフォックスのP-8A「169337」、インド海軍、INAS 312アルバトロスのP-8I「IN322」、海上自衛隊、第3飛行隊のP-1と隊員が集まり説明会が行われました。

日米印共同訓練「マラバール2019」は9月26日(木)から10月4日(金)に行われ、佐世保から関東南方に至る海空域で、対抗訓練、対潜戦訓練、対空戦訓練、対水上射撃訓練、対空射撃訓練、洋上補給訓練などを通じ、海自の戦術技量の向上、参加するアメリカ、インド海軍との連携を強化するものです。

P-8はP-3Cの後継としてボーイング737-800ERXをベースに開発した哨戒機です。2009年4月に初飛行、2012年3月にアメリカ海軍に納入されました。アメリカ海軍のP-8Aは磁気探知機(MAD)を搭載していませんが、インド海軍のP-8Iは搭載し、胴体後部のブームの有無に違いがあります。

期日: 2019/09/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加