JAL、伊丹/隠岐線で8月は機材大型化 JACのQ400からJALの737-800へ - 伊丹空港 | FlyTeam ニュース

都市
大阪 [日本] 定期便あり
コード
IATA : ITM | ICAO : RJOO
ホームページ
大阪国際空港(伊丹空港) 日本語あり
伊丹スカイパーク 日本語あり
空港周辺ホテル
予約サイト
楽天トラベル
JTB
じゃらん
るるぶトラベル
エクスペディア
BOOKING.COM
伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]で撮影された伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]の航空機写真

Copyright © JA946さん

JAL、伊丹/隠岐線で8月は機材大型化 JACのQ400からJALの737-800へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

日本航空(JAL)は2017年8月の1カ月間、伊丹/隠岐線の機材を大型化します。現在、この路線は、日本エアコミューター(JAC)が運航、機材は74席のDHC-8-400(Q400)を使用していますが、8月はJALが運航、165席の737-800を投入します。

ターボプロップ機からジェットエンジン機への変更に伴い、スケジュールも若干、変更します。現在のJAC運航では伊丹発JAC2331便は12時45分、隠岐着が13時35分、隠岐発JAC2332便は14時50分、伊丹着は14時50分です。これをJAL運航では、伊丹発JAL2331便は12時55分、隠岐着が13時50分、隠岐発JAC2332便は14時35分、伊丹着は15時20分とします。詳しくは、JALのウェブサイト、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2017/08/01 〜 2017/08/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加