エミレーツ航空、ドバイ/パナマシティ線を開設へ 世界最長路線に - トキュメン国際空港 | FlyTeam ニュース

都市
パナマシティ [パナマ] 定期便あり
コード
IATA : PTY | ICAO : MPTO
空港周辺ホテル
予約サイト
エクスペディア
BOOKING.COM
トキュメン国際空港 - Tocumen International Airport [PTY/MPTO]で撮影されたトキュメン国際空港 - Tocumen International Airport [PTY/MPTO]の航空機写真

Copyright © FlyHideさん

エミレーツ航空、ドバイ/パナマシティ線を開設へ 世界最長路線に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:エミレーツの777-200LR、写真左。右は777-300ER

エミレーツの777-200LR、写真左。右は777-300ER

エミレーツ航空は2015年8月13日、ドバイ/パナマシティ線を開設すると発表しました。就航日は2016年2月1日で、機材はファースト8席、ビジネス42席、エコノミー216席の777-200LRを使用し、デイリー運航します。

この路線は、直線距離で13,821キロメートルとなり、現在、カンタス航空が就航するシドニー/ダラス・フォートワース線の13,805キロメートルを上回る世界最長路線となります。また、エミレーツでは初めての中南米への路線開設となります。

スケジュールはドバイ発EK251便が8時5分、パナマ発EK252便は22時10分で、飛行時間はドバイ発の場合は17時間35分となります。

エミレーツはこの路線で、旅客輸送とあわせ、15トンの貨物を輸送し、特に輸入品目は医薬品、機械製品、鉄や鋼鉄、電子機器を想定しています。

なお、シンガポール航空は2013年10月に撤退した当時の世界最長路線、シンガポール/ニューアーク線の15,345キロメートルを、新機材の導入で再開する検討を進めているとされており、この路線が復活するとドバイ/パナマシティ線の「世界最長」の冠は一時的なものとなります。

また、エミレーツ航空の777-200LRは現在10機で、777-200ERは6機で計16機です。また、777-200は同社から全機、退役済みとなったばかりです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内航空券・検索予約

国内航空券を今すぐ検索・予約! で、航空券を検索できます。

搭乗日
出発空港
到着空港