法務省入国管理局、10月18日から羽田空港で「顔認証ゲート」を先行導入 - 羽田空港 | FlyTeam ニュース

羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

Copyright © ceskykrumlovさん

法務省入国管理局、10月18日から羽田空港で「顔認証ゲート」を先行導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:顔認証ゲートの概要

顔認証ゲートの概要

法務省入国管理局は2017年10月18日(水)から、羽田空港で「顔認証ゲート」を3台先行導入し、日本人の帰国手続きで運用を開始します。

顔認証は、パスポートのICチップに記録された顔画像データと、審査時に撮影した顔写真を照合し、同一人性を確認します。パスポートを読み取り機にかざし、顔写真が撮影され、入国ゲートを通過できます。顔認証ゲート利用の場合は、入国審査官による旅券への帰国の証印に代わり、帰国の記録となります。

利用できるのは、ICチップが内蔵されたパスポートを持っていること、1人で機械の操作ができること、身長が135センチ以上の方です。このゲート通過は、事前の利用登録手続き必要ありません。

法務省は顔認証ゲート導入で、日本人の出帰国手続きを合理化し、より多くの入国審査官を外国人の審査に充て、厳格な審査を維持しながら円滑な入国管理に取り組むとしています。法務省入国管理局では今後、成田、関西、名古屋(セントレア)などでも顔認証自動化ゲートの導入を進める方針です。詳しくは、法務省入国管理局のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/10/18から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加