伊丹空港で無人機らしき物体が飛行、JAL便が自主的に進入復行 10月5日 - 羽田空港 | FlyTeam ニュース

羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

Copyright © こじかずさん

伊丹空港で無人機らしき物体が飛行、JAL便が自主的に進入復行 10月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は2017年10月5日(木)、伊丹空港で離陸準備中のJAL128便、767-300の機体記号(レジ)「JA602J」が無人航空機らしき物体の飛行を確認、管制官に通報しました。無人機はW3誘導路上の上空およそ30メートルを飛行しており、視認で赤色、鳥程度の大きさとされています。

これを受け、着陸進入中だったJAL2186便のCRJ-200が同通報を聴取し、視認はしなかったものの自主的に進入復行を実施しました。この便は、予定時刻から13分遅れの17時51分に着陸しました。JALによると、両便とも機体への接近などの危険性はなく、その他の定期便への影響は生じなかったとしています。この事案は、関西エアポートが警察機関に対して情報を提供したほか、航空局も警察庁に対して通報済みです。

なお、空港などの周辺、人口集中地区などの上空は2015年12月に航空法が改正されたことに伴い、原則として飛行禁止になっています。無人機を飛行させる空域、飛行の方法など基本的なルールも改正航空法で定められています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加