東京臨海防災公園、8月5日と6日に「空を見上げて」 熱気球や小型機展示 - 東京臨海広域防災公園ヘリポート | FlyTeam ニュース

東京臨海防災公園、8月5日と6日に「空を見上げて」 熱気球や小型機展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:東日本大震災復興支援熱気球イベント「空を見上げて in 東京」

東日本大震災復興支援熱気球イベント「空を見上げて in 東京」

東京都江東区の有明エリアに位置し、災害時の臨時ヘリポートなどを備える東京臨海広域防災公園で、2017年8月5日(土)と8月6日(日)の2日間、東日本大震災復興支援熱気球イベント「空を見上げて in 東京」が開催されます。イベントは、熱気球の体験搭乗や航空スポーツ教室、模型飛行機づくり教室、小型飛行機も3機展示されます。

このうち、熱気球体験搭乗は8月5日(土)と8月6日(日)とも、6時30分から9時30分まで開催されます。参加は各日先着順に400名を対象に受付し、中学生以上の大人は2,000円、小学生は1,000円の参加費で体験できます。搭乗時間は約5分程度で、8月5日(土)夜間には熱気球が音楽とMCに合わせて明るく光る「バルーンイリュージョン」の開催も予定されています。

「航空スポーツ教室」は8月5日(土)と8月6日(日)の8時から12時まで開催され、当日はパラグライダーの搭乗体験に参加することができます。参加は各日先着順に50名まで、対象は小学生から中学生までです。また、「模型飛行機づくり教室」が、8時から12時まで実施されます。定員は先着150名までです。

このほか、ヘリコプターシミュレーター体験が8月5日(土)と8月6日(日)の両日、小学生から中学生までを対象に実施される予定です。また、8月6日(日)は「第23回二宮康明杯 全日本紙飛行機選手権大会 有明地区予選会」が受付9時から、競技は9時30分から12時までヘリポート周辺で開催されます。イベントの詳細など、詳しくは東京臨海防災公園のウェブサイトを参照ください。

◼︎空を見上げて in 東京 2017
6:30〜9:30 熱気球体験搭乗 
 各日先着400名程度 (有料) 
8:00〜12:00 航空スポーツ教室 (参加費無料)
 小型飛行機展示 (3機)
 パラグライダー搭乗体験教室 各日先着50名
 模型飛行作り教室 先着150名
 ヘリコプターシミュレーター体験 各日先着40名
<8月6日のみ>
「第23回二宮康明杯 全日本紙飛行機選手権大会 有明地区予選会」
受付:9:00〜9:30 1階エントランス
競技:9:30〜12:00 ヘリポート周辺
 費用300円 (競技保健料)
 雨天の場合は8月11日へ順延
期日: 2017/08/05 〜 2017/08/06
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加