FlyTeam内・展示保存博物館① by MIL26Tさん | 航空フォトアルバム

アルバム
FlyTeam内・展示保存博物館①

ある方から教えていただいたHPにこういうものを探して全国行脚されてる方を知りました。これは俺の得意分野。俺がチーム内を巡ってある程度の雛形を作成します。
いつまでもあると思うな屋外展示機・保存機!ある日姿を消すことがあるので悔いが残らないように。錆びて廃棄されたらどうしよう。どこか安い土地見つけて一斉に並べた博物館、国の金で作ってもらわないと。写真眺めるだけで終わらせるには、あまりに残酷。どうか、一考を!
写真:40
(みんな39枚・自分1枚)
  • 作成 2012/09/27
  • 更新 2012/10/03

航空フォト 一覧

MIL26Tさんの作成したアルバム『FlyTeam内・展示保存博物館①』には、40枚の航空フォト(飛行機 写真・画像)がクリップされています。

航空フォト撮影者 一覧

このアルバムにクリップされている写真の撮影者一覧です。

コメント

  • 2012/09/27 09:14:10

    > MIL26Tさん
    クリップありがとうございます。
    飛ぶ飛行機も飛ばない飛行機も好きなもので、
    博物館展示、基地ゲートガード等色々見に行っています。
    以下ちょっと長くなりましたが補足です。
    > 8101 S-61
    HSS-2Bが機材リストにないので、シコルスキー指定S-61Bということで。
    三重のライセンス生産分かどうか銘板確認するのを忘れてしまいました。
    > S-2B お化粧直し
    同感です、ちゃんと2012になってて安心しました。
    > とんぼの目玉
    残念ながらもう展示機しか見れないですね。
    > 61324 TH-55J
    Hughes 269A = Hughes TH-55A
    Hughes 269B = Hughes 300 = Schweizer 300
    以降はSchweizerも生産、のようですね。
    当該機はHughes TH-55Aの川重ライセンス生産TH-55J、269Aと同型です。

  • 2012/09/27 11:23:47

    kanadeさん> 訪問コメントありがとうございます。
    私の写真はたいしたことはありませんが、飛行機・ヘリ大好きです。
    実力も知識も乏しくFlyTeam内の方から助言や励ましを頂いて日々勉強いたしております。こういう展示機は一旦見逃すとレジで追跡するのが困難になります。どの雑誌にもレジストリが登録されてません。古い雑誌があれば別ですが。私の写真はすべてKIJだけです。

    奇跡のピッツS2-B JA11AR これを見たとき興奮しました。

    沖縄県糸満から来たHughes 369E JA6107ただの農薬散布ヘリですが、川崎OH-6Dに瓜二つ。まあ、同じですね。ライセンス生産だから。

    これも奇跡SA315B LAMA JA9193 これがBELL 47G2と勘違い。ある方からご指摘受け、色々教えていただきました。感謝。

    kanadeさん> これからも宜しくお願いします。m(_ _)m

  • 2012/09/27 20:27:35

    > MIL26Tさん
    こちらこそよろしくお願いします。
    そして追加クリップありがとうございます。
    以下また長くなっちゃいましたが補足です。

    > 66-5937 T-7
    たまたま航空祭の格納庫展示に回されただけで、この子は現役です。

    > 読み方
    "Alouette"の読みでしょうか?発音は「アルエット」がそれっぽいかと。
    フランス語でひばりですね。

    > 屋内展示希望
    展示機すべてに言えますが、屋外展示は朽ちるのを待つ感じ。
    「場所がない、理解もない」では飛行機がかわいそうです。
    基地内なら一応整備もしてくれてるのでマシなほうでしょうね。
    それでもお別れは突然来るのですけど。

    > SE-3160
    SE-3160 = SA-316Aですね。シュド・エスト時代の型番です。
    さすが最古参の「ちどり1」。私よりよっぽど年上です。
    シュド・アビアシオンになって型番の記号はSEからSAになり、
    アエロスパシアルになってASに変わる、と。

    > ラマ
    SE-3130(SA-313)という一つ前のヘリ(Alouette II)に
    SE-3160(SA-316A)のエンジンだけ組み合わせたのが
    SE-3150(SA-315B) Lama ですね。型番行ったり来たりです。

  • 2012/09/27 20:48:15

    kanadeさん> 解説ありがとうございました。

    kanadeさんのページのどこに展示・保存機が隠れているか
    わかりません。あまりに膨大で。まあ、この辺にあるだろうという
    勝手な推測で基地巡りして見つけたものからクリップかけています。

    マイページの写真も私好みの1番レジ違いで凄いの一言。
    私もレジ集め専門ですので、1番違いのレジの大切さは理解してます。

    フランスの機体で好きなのはラマとガゼルです。ただ、見れないだけ。
    EC135&AS365N2 or N3が多すぎて。cry。

  • 2012/10/03 19:41:42

    > MIL26Tさん
    追加クリップありがとうございます。

    > プラモでお世話に
    私もですw

    > 引きの姿
    他に撮影してる方いないかなぁ。
    千歳基地はまさしく「ゲートガード」、スルーしている方が多そうです。
    # 写真一応あるのですが、かなり気を抜いて撮影してしまったので。
    # 千歳にまた行く機会があれば撮り直したいところです。

    千歳のマルヨン2機のうち、もう1機(76-8689)は幸運な格納展示。
    こちらは毎年航空祭に展示されています。
    http://flyteam.jp/photo/japan-air-self-defense-force/Mitsubishi-F-104J/145880

    > Vampire 飛んでる姿
    国内だと広報館の展示機のみですが、ヨーロッパではメジャーです。
    スイスでは元空軍機J-1197がHB-RVNの民間レジを付けて
    各地のエアショーで飛んでいます。
    http://flyteam.jp/photo/Air%20Vampires/De%20Havilland%20Vampire%20FB-6/220064

  • 2012/10/03 21:01:56

    kanadeさん> こんばんは!

    Vampireはヨーロッパでは普通に飛んでいたんですか?最近は垂直尾翼1枚のものしか見ていないので感覚が麻痺して珍しいと勘違いしました。
    レトロ感、満載で見ていて楽しくなりましたw。

    きょうは、いっぱいいっぱいなので又、後日訪問いたします。これからも宜しくお願いします。m(_ _)m

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く