2019年度県営名古屋空港消火救難総合訓練| イベント情報

2019年度県営名古屋空港消火救難総合訓練

  • 国内

県営名古屋空港で2019年11月7日(木)、航空機事故を想定した消火救難、救急医療活動の総合訓練が開催されます。同空港エプロン地区のスポット8番の一部と9番、12番を使用し、実施時間は14時40分から16時までです。

訓練は、架空の航空会社がERJ-170で、滑走路16側から着陸し、その際に横風にあおられ、滑走路を逸脱してW-4付近で停止、着陸後に右翼エンジンから出火したという想定で実施されます。機内には煙が充満し、乗員、乗客に多数の負傷者が出た模様という状況で、各種対応を行います。

実施項目として、通報、現場指揮本部の設置と運営、合同対策本部の設置とその活動、消火活動、救助活動、避難誘導、トリアージ地区と救護地区などの設置、トリアージ地区での活動、救護地区での活動、救助隊員輸送、担架搬送、負傷者搬送訓練、ヘリコプターによる負傷者搬送、検視検案活動、警戒警備と交通規制が挙げられています。

この訓練には、航空機1機をはじめ、消防車両など約50台、愛知県防災航空隊と名古屋市消防航空隊のヘリコプター2機を使用し、およそ400名が参加する予定です。愛知県、名古屋市、春日井市、小牧市、豊山町の地元自治体や航空自衛隊小牧基地、小牧管制隊、陸上自衛隊第10師団のほか、警察、消防、医療機関に加え、フジドリームエアラインズ、飛行場救難救助隊、名古屋空港事務所など、計37機関が参加します。

イベントURL
開催日程:愛知
2019年11月7日 14:40 〜 16:00

Google Calendarに登録 Google カレンダーに登録 Yahoo Calendarに登録 Yahoo!カレンダーに登録
場所
県営名古屋空港 エプロン地区 スポット8番の一部、9番、12番
イベントに参加される場合は、必ずイベント主催者のホームページなどでイベント情報を確認の上、お出かけください。また、FlyTeamの利用規約イベント情報 ガイドライン&ポリシーをご確認の上、ご利用ください。

Recommend おすすめコンテンツ

このイベントに関するニュース

これから開催の航空ショー・航空祭

これから開催の施設公開・駐屯地祭

メニューを開く