一式双発高等練習機「最後の一般公開」| イベント情報

一式双発高等練習機「最後の一般公開」

  • 国内
  • 無料イベント
イベント画像 1枚目:三沢航空科学館での展示 (Smyth Newmanさん 2020年10月27日撮影)
三沢航空科学館での展示 (Smyth Newmanさん 2020年10月27日撮影)

東京・立川市の立飛ホールディングスで、2022年10月27日(木)から30日(日)まで、一式双発高等練習機が一般公開されます。見学時間は10時から16時で、受付は15時45分に終了します。立飛によると、今回が「最後の一般公開」の予定です。

一式双発高等練習機は、当時の日本陸軍の指示で、立飛ホールディングスの前身の立川飛行機が開発、1,342機が生産されました。公開される機体は、1942年に製造、1943年9月27日に能代飛行場から八戸飛行場へ向かう途中、十和田湖に水没。2010年7月の湖底地形調査で偶然見つかり、引き上げ後は青森県の三沢航空科学館で展示され、2020年11月に立飛へ譲渡されました。運用時の塗色、日の丸の赤色塗装、所属部隊を示すマーク、注意書きなどを今に残す貴重な機体で、重要航空遺産に認定されています。

なお、一式双発高等練習機の公開にあわせ、終戦後の国産飛行機第1号のR-53型軽飛行機、その後製作されたR-HM型軽飛行機も同時公開されます。

イベントURL
開催日程:東京 計4日
2022年10月27日 〜 2022年10月30日

Google Calendarに登録 Google カレンダーに登録 Yahoo Calendarに登録 Yahoo!カレンダーに登録
イベントに参加される場合は、必ずイベント主催者のホームページなどでイベント情報を確認の上、お出かけください。また、FlyTeamの利用規約イベント情報 ガイドライン&ポリシーをご確認の上、ご利用ください。

Recommend おすすめコンテンツ

このイベントに関するニュース

これから開催の航空ショー・航空祭

これから開催の施設公開・駐屯地祭

メニューを開く