ボーイング、アメリカ空軍UH-1N更新でMH-139を84機受注 | FlyTeam ニュース

ボーイング、アメリカ空軍UH-1N更新でMH-139を84機受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:MH-139

MH-139

ボーイングは2018年9月24日(月)、アメリカ空軍のUH-1Nヒューイの更新としてMH-139とその関連する一連のサポートを納入すると発表しました。主に大陸間弾道ミサイル基地の警備、防衛に使用されているUH-1Nヘリコプターを代替します。

ボーイングによる今回のプログラムの受注は、最大でヘリコプター84機、訓練装置と関連するサポート装置等などで総額24億ドル相当です。ボーイングはこの受注を受け、アメリカ空軍に対し、MH-139への信頼を感謝すると同時に、この機材はVIP輸送にも対応でき、最大で10億ドルのライフサイクルコストの節減をもたらすとコメントしています。

MH-139は、レオナルドAW139で世界の270超の政府、軍隊、企業が使用しており、アメリカではフィラデルフィア工場でヘリコプターを組み立て、ボーイング工場で空軍向けのコンポーネントを統合します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加