フィリピン航空、国際線搭乗手続きの締切り時間を変更 出発1時間前まで | FlyTeam ニュース

フィリピン航空、国際線搭乗手続きの締切り時間を変更 出発1時間前まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

フィリピン航空は2018年10月28日(日)から、同社が就航する各空港での国際線搭乗手続きの締切り時間を変更します。このうち、日本では羽田、成田、関西、名古屋(セントレア)、福岡、新千歳の6空港が対象です。

変更後は、出発予定時刻の1時間前となりますが、中国・泉州晋江国際空港については変更はありません。なお、共同運航便については、運航各社の締切り時間が適用されます。この時間変更により、利用者には時間に余裕をもって来港するよう、呼びかけています。

フィリピン航空の日本路線では、羽田/マニラ線、成田発着のマニラ、セブ線、関西発着のマニラ、セブ、台北線、名古屋(セントレア)発着のマニラ、セブ線、福岡/マニラ線のほか、新千歳/マニラに就航しています。

詳しくは、フィリピン航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/28から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加