東レ、「しなやかなタフポリマー技術」を開発 航空機素材などに展開へ | FlyTeam ニュース

東レ、「しなやかなタフポリマー技術」を開発 航空機素材などに展開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

東レは2018年9月28日(金)、内閣府の総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の研究開発プログラムの一環として開発した「しなやかなタフポリマー」を、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)に応用する技術を開発したと発表しました。

今回開発されたCFRPは、高い強度と剛性を維持しながら、従来に比べて約3倍の耐疲労特性を実現することから、航空機や自動車をはじめ、家電製品、スポーツ用品、医療用途など、幅広い分野での展開と材料市場の拡大が期待されています。

今後は、この技術を適用したポリマー材料を高い耐衝撃性と耐疲労特性が要求される構造用部材のベースポリマーとして展開し、2020年代前半の実用化を目指します。詳しくは、東レのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加