スクート、P&WのGTFエンジンを搭載したA320neoを受領 | FlyTeam ニュース

スクート、P&WのGTFエンジンを搭載したA320neoを受領

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

シンガポールを拠点とする格安航空会社(LCC)のスクートは、同社初のA320neoを受領しました。この機体は、プラット・アンド・ホイットニー(P&W)のギヤードターボファンエンジン(GTF)エンジンを搭載しています。P&Wは、EngineWise総合サービス契約を通じ、スクートへ12年間のエンジンメンテナンスを提供します。

デリバリーされた機体は製造番号(msn)「8441」で、機体番号(レジ)「9V-TNA」で登録され、10月6日(土)から10月7日(日)にかけてフランスのトゥールーズ・ブラニャック空港からシンガポール・チャンギ国際空港にフェリーされています。

なお、スクートは同型のA320neoを39機発注しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加