下地島空港、3月30日に旅客ターミナル開業 ジェットスターが新路線 | FlyTeam ニュース

下地島空港、3月30日に旅客ターミナル開業 ジェットスターが新路線

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:下地島空港 鳥瞰写真

下地島空港 鳥瞰写真

三菱地所は2018年10月15日(月)、下地島エアポートマネジメントが運営予定の下地島空港旅客ターミナル施設について、開業日を2019年3月30日(土)に決定しました。この開業にあわせ、ジェットスター・ジャパンが成田/下地島線に1日1往復で就航します。

施設開業にあわせ、三菱地所と沖縄県、宮古島市は、沖縄観光コンベンションビューローと宮古島観光協会と連携、さらに成田空港を運営する成田国際空港も誘致メンバーに加わり、航空路線の発地側と着地側の両拠点からアプローチする新たな誘致活動にも取り組みました。これにより、成田を拠点とするジェットスターは、国内線が13路線目となります。運航スケジュール、航空券の販売時期、運賃などは決定次第、改めて発表される予定です。

この就航により、首都圏から宮古諸島への交通手段の選択肢が増え、国内屈指のリゾート地として人気の高い宮古諸島へ首都圏や海外からの誘客を目指すだけでなく、宮古諸島から成田空港を経由して海外へ渡航する利用者の利便性向上にも寄与します。

開業する旅客ターミナル施設は、コンセプト「空港から、リゾート、はじまる。」にふさわしい、リゾート感を体験できる設計が採用されます。また、国際線を受け入れる専用施設を設け、利用者のスムーズな入国・出国動線が確保され、台湾、香港、韓国などからの国際線定期便、チャーター便の誘致にも引き続き取り組む方針です。

期日: 2019/03/30から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加