デルタ航空、10月の「デルタ・スタジオ」に邦画・洋画を計6本追加 | FlyTeam ニュース

デルタ航空、10月の「デルタ・スタジオ」に邦画・洋画を計6本追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

デルタ航空は2018年10月1日(月)から、機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」で楽しめる映画を6本追加しました。

追加された映画は、邦画が「おもてなし」と「巫女っちゃけん。」で、洋画が「インクレディブル・ファミリー」、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」、「コードネーム U.N.C.L.E.」、「ヒックとドラゴン」です。

「デルタ・スタジオ」は、映画のほかテレビドラマ、音楽番組、CD音源、ゲームなどのコンテンツが無料で楽しめます。映画は全部で約300タイトル搭載されており、そのうち約70タイトルを日本語で視聴できます。

なお、10月に視聴できる映画リストはデルタ航空のウェブサイトから確認でき、毎月更新されます。詳しくは、デルタ航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加