航空自衛隊と在日アメリカ空軍、横田基地で飛行場被害復旧等訓練を実施 | FlyTeam ニュース

航空自衛隊と在日アメリカ空軍、横田基地で飛行場被害復旧等訓練を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

アメリカ空軍横田基地で2018年10月24日(水)と10月25日(木)、航空自衛隊と在日アメリカ空軍による飛行場被害復旧等訓練を実施します。参加人員は空自は約20名、アメリカ空軍は約20名、参加車両は空自はマイクロバス等約2両、アメリカ空軍は重機類など約10両です。

この訓練は、震災等の大規模災害や有事が発生した想定のもと、空自と在日アメリカ軍の共同対処を実動で演練し、基地の復旧作業に関連する自衛隊施設部隊の能力の向上、アメリカ空軍施設部隊との相互運用性の向上を図ることが目的です。

訓練は、三沢基地、百里基地、入間基地、横田飛行場、那覇基地、嘉手納飛行場、嘉手納弾薬庫地区などでも実施され、滑走路などの被害復旧訓練、飛行場等施設の被害復旧訓練、消防訓練、総合訓練が実施されます。各基地内の訓練場で、年4回、1回の訓練につき1日から5日、年20日と予定されています。

なお、訓練時間は8時から17時頃までです。詳しくは立川市のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/24 〜 2018/10/25
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加