キャセイとドラゴン、12月以降の日本/香港間燃油サーチャージ変更なし | FlyTeam ニュース

キャセイとドラゴン、12月以降の日本/香港間燃油サーチャージ変更なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、2018年12月1日(土)から2019年1月31日(木)日本発券分で、日本発の香港、台北間の燃油サーチャージは、11月末までと同額を継続すると発表しました。

日本発の香港、台北線の燃油サーチャージ額は3,000円です。ただし、日本発で香港以遠の南西太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南アジア亜大陸路線は現在の9,000円から10,000円となるほか、これ以外の路線も2,000円から2,300円へと値上げとなります。

なお、キャセイパシフィック航空の便名が付与され、他社が運航するコードシェア便はこのルールの適用外で、運航航空会社が定める燃油サーチャージ額が徴収されます。詳しくは、キャセイパシフィック航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/12/01 〜 2019/01/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加