大韓航空、寄付金でカンボジアの中学校にバレーボールコートを寄贈 | FlyTeam ニュース

大韓航空、寄付金でカンボジアの中学校にバレーボールコートを寄贈

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:バンティエダエッツ中学校の皆さんと大韓航空スタッフ

バンティエダエッツ中学校の皆さんと大韓航空スタッフ

大韓航空は2018年10月19日(金)、NPO法人JHP「学校をつくる会」と協力し、大韓航空の日本地域スタッフが募った寄付金で、カンボジアのバンティエダエッ中学校にバレーボールコートを寄贈したと発表しました。加えて、韓国プロバレーボールリーグ所属の「大韓航空ジャンボス」からボールがプレゼントされました。

現地では贈呈式が行われ、大韓航空日本地域本部の小暮健二管理チーム長は、子ども達には自分の夢を実現するためいろんな事にチャレンジして欲しいとコメントしました。

大韓航空はこれまで、天災被災地への支援品輸送やモンゴルなどでの植林活動、支援施設への支援品寄贈など、さまざまなボランティア活動を手がけており、今後も、環境保護や地域社会支援、次世代育成活動などを積極的に行う方針です。

詳しくは、大韓航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加