神奈川県、11月3日に三崎漁港で津波訓練 陸自・海自・海保など参加 | FlyTeam ニュース

神奈川県、11月3日に三崎漁港で津波訓練 陸自・海自・海保など参加

神奈川県で2018年11月3日(土)、平成30年度津波対策訓練が実施されます。沿岸住民や観光客への津波情報の伝達、避難誘導体制の強化、防災意識の高揚、関係各機関の相互連携体制の強化などを目的とした住民や観光客参加型の訓練です。当日は三浦市の三崎漁港二町谷地区埋立地などを中心に、13時から15時30分まで実施します。

訓練は神奈川県、三浦市が主催、陸上自衛隊、海上自衛隊、海上保安庁や横須賀市消防局、横浜市消防局、三浦市消防団、神奈川県警察などが参加します。訓練では警察や三浦市消防団などが沿岸住民や観光客の避難誘導訓練を実施し、消防、警察、自衛隊、海上保安庁、神奈川県水難救済会などの機関・団体が、津波でさらわれた漂流者の救出・救助訓練などを実施します。

この訓練では情報収集訓練が13時55分から14時40分ごろに実施される予定で、陸上自衛隊などの航空機が上空から被害状況の情報収集を実施します。14時から15時04分までの救出救助訓練でも、航空機や船舶を利用します。

期日: 2018/11/03
メニューを開く