富山県、消防学校救急科でドクターヘリ連携訓練を実施

富山県、消防学校救急科でドクターヘリ連携訓練を実施

富山県は2018年11月22日(木)、富山県広域消防防災センター内の富山県消防学校で、ドクターヘリ連携訓練を実施しました。これは、2015年から運用を開始したドクターヘリとの合同訓練で、富山県消防学校専科の教育の一環で行われたものです。

救急科のカリキュラムでは、出動機会が増加しているドクターヘリとの連携訓練を実施し、学生の救急隊員としての資質の向上を図ります。この訓練には県消防学校の救急科学生35名のほか、県立中央病院救命救急センター長、看護師、整備士が参加しています。

当日は、座学と整備士による安全講習の後、実機を使用して救急車に収容された患者をドクターヘリに引継ぐ訓練を行いました。詳しくは、富山県のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/11/22
メニューを開く