エア・リース・コーポ、マカオ航空とA321neoを2機リース契約 | FlyTeam ニュース

エア・リース・コーポ、マカオ航空とA321neoを2機リース契約

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空機リース会社のエア・リース・コーポレーション(ALC)は2018年12月5日(水)、マカオ航空とA321neoの2機について、長期リース契約を締結しました。納入時期は1機目が2019年11月、2機目が2020年第1四半期を予定しています。いずれもALCがエアバスに発注済みの機材です。

マカオ航空は現在の保有機でもALCと2機をリース契約を締結しており、いずれもA321です。マカオ航空とALCは引き続き、長期にわたる関係を構築していくと述べています。また、ALCはマカオ航空の保有機構成の最適化に尽力するともコメントしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加