JAL、問合せ窓口で遠隔手話通訳サービス開始 スマホやPCを活用 | FlyTeam ニュース

JAL、問合せ窓口で遠隔手話通訳サービス開始 スマホやPCを活用

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)は2018年12月11日(火)から、聴覚障がいのある方などが手話を使って各問合せ窓口で手続きができる遠隔手話通訳サービスを開始しました。

自身のパソコンやスマートフォンなどの端末から、JALホームページの遠隔手話通訳サービスのページにアクセスし、JALグループのコールセンターや、JALプラザ、羽田空港の一部カウンターへの問い合わせ、手続きができます。

利用可能なサービスは、国内線と国際線の予約購入・問い合わせ、マイレージバンク事務局、プライオリティ・ゲストセンター、ご意見・ご要望デスク、JALカード各顧客対応窓口、ジャルパック国内・海外ツアーに関する予約・問い合わせ、JALプラザ、羽田空港国内線ターミナルです。このうち、羽田空港国内線ターミナルでは2019年3月末日までのトライアルを予定しています。

これまでのメールやFAX、筆談に加え、手話でも問い合わせが可能となり、よりタイムリーな案内が実現されるとJALは説明しています。なお、JALプラザと羽田空港では、タブレット端末が用意されています。

期日: 2018/12/11から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加