バンコクエアウェイズ、10機目のATR-72-600を受領 | FlyTeam ニュース

バンコクエアウェイズ、10機目のATR-72-600を受領

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:バンコクに到着したATR-72-600

バンコクに到着したATR-72-600

バンコクエアウェイズは2018年12月9日(日)、最新のATR-72-600、機体記号(レジ)「HS-PZK」を受領しました。この機体はツールーズからバンコクへフェリーされ、12月13日(木)に到着しています。

ATRの最新の航空機-600シリーズは、フルグラスコックピット化されたコクピットで、モニタリングと制御システムによる操作性が高められているほか、客室は搭乗客の利便性と満足感を高める大型のオーバヘッドビンが装備されています。

バンコクエアウェイズは、ATRをタイ国内線のスコータイ、トラット、ランパーン発着便をはじめ、リージョナル路線としてラオスのルアンパバーン、カンボジアのシェムリアップ線に投入しています。この機体により、バンコクエアウェイズのATR-72-600は10機、ATR-72-500は5機となっており、このほかA320を9機、A319を15機、保有・運航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加