関西国際空港で特定天井の改修工事を実施 伊丹や神戸でも | FlyTeam ニュース

関西国際空港で特定天井の改修工事を実施 伊丹や神戸でも

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:第1ターミナルビル4階天井

第1ターミナルビル4階天井

関西国際空港を運営する関西エアポートは2018年12月14日(金)、関西国際空港の特定天井改修工事を実施すると発表しました。該当する施設は「第1ターミナルビル4階」と「空港駅3階コンコース」の2箇所で、2020年6月までに工事を終える予定です。

この工事は、東日本大震災後の2014年4月に、建築基準法施行令が一部改正されたことを受け実施するもので、既存の天井を撤去し、新たな天井を設置します。

関西エアポートでは、同社が運営する伊丹空港に5箇所、神戸空港に3箇所設置されている特定天井についても、伊丹空港は2019年度、神戸空港は2020年度までに改修する予定です。

詳しくは関西エアポートのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加