三菱航空機、TC取得に向け飛行試験開始確認書を受領 | FlyTeam ニュース

三菱航空機、TC取得に向け飛行試験開始確認書を受領

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:モーゼスレイクのMRJ

モーゼスレイクのMRJ

三菱航空機は2018年12月21日(金)、国土交通省航空局(JCAB)から飛行試験開始確認書を受領したと発表しました。航空当局による飛行試験に先立ち、確認書(TIA:Type Inspection Authorization)を取得しました。

TIA取得に伴い、三菱航空機は開発中である国産初のジェット旅客機MRJ90の型式証明(TC)飛行試験を開始できます。MRJは現在、アメリカのワシント州モーゼスレイク・フラトテストセンターを拠点に飛行試験を実施しており、2019年初頭にTC飛行試験を開始します。

三菱航空機はJCABと連携し、MRJ90の型式証明取得に向けて明確なプロセスや手順、目標値を設定し、今回のTIA受領を歓迎しています。水谷社長は「ここまでの道りは長いものでしたが、MRJの開発および日本の民間航空機産業にとって不可欠なものだったと感じております」とコメントしています。

型式証明統括室のアンドリュー・テレスカ室長も他国でのTIA取得と道のりが異なることが多かったとしつつ「国内にほとんど前例がなく航空局と三菱航空機の両チームは日夜協力して、TC飛行試験に適合するシステムを一から創り上げました。重要なマイルストーン達成に向けてご尽力いただ航空局の皆様に心よりお礼申し上げるとともに、弊社チームの努力に感謝します」とコメントし、引き続き型式証明の取得まで安全性と完成度を高める意欲を示しています。

三菱航空機は、TIA取得に加え、アメリカでTC飛行試験開始の許可書にあたるLetter of Authorization(LOA)を取得に向け、アメリカ連邦航空局(FAA)の安全性評価も受けています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加