JAL、対話型AIロボット「マカナロイド」 ハワイ島紹介の実証実験 | FlyTeam ニュース

JAL、対話型AIロボット「マカナロイド」 ハワイ島紹介の実証実験

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:マカナロイドの利用イメージ

マカナロイドの利用イメージ

日本航空(JAL)は2019年1月9日(水)、手乗りサイズの対話型AIロボット「マカナロイド」を活用したハワイ島のおすすめスポットを紹介する実証実験を3月末まで実施すると発表しました。

JALはこれまで、ハワイの情報をチャット形式で回答するバーチャルアシスタント「マカナちゃん」を展開していました。今回の実証実験では空港、ラウンジ、店舗などリアルの場で「マカナロイド」を設置し、サービスを展開します。

日本国内では、成田空港国際線サクララウンジ本館、中部国際空港(セントレア)サクララウンジ、関西国際空港発券カウンター、JALプラザ有楽町、JAL本社ビル2階などです。ハワイでは、ホノルル空港発券カウンターをはじめ、シェラトン・ワイキキJALPAKアロハステーション、ハイアット リージェンシー ワイキキJALPAKアロハステーションに設置されます。

JALでは、AIやロボットを活用し新たなサービス提供をめざすとともに、スマート空港化の一環として空港や現地スタッフの業務支援として活用する可能性を検討しています。

期日: 2019/03/31まで
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加