羽田空港国際線ターミナル駅で通信システム5G活用の実証に成功 | FlyTeam ニュース

羽田空港国際線ターミナル駅で通信システム5G活用の実証に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:5G活用の実証イメージ

5G活用の実証イメージ

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とKDDI、パナソニック、早稲田大学、京浜急行電鉄は2019年1月10日(木)、次世代移動通信システム「5G」を活用した応用実証に国内で初めて成功したと公表しました。

この試験は2018年11月21日(水)から2018年12月21日(金)まで、京急電鉄の羽田空港国際線ターミナル駅で実施されました。5Gを活用することで、既存のモバイル通信では実現が困難であった大容量データの伝送が可能となり、それにより、4Kの高精細映像をリアルタイムに伝送・収集・分析し、早期の危険検知、高精細映像での観光客への情報提供などが期待されています。

実証試験では、羽田空港国際線ターミナル駅の地下ホームに28GHz帯の実験エリアを構築し、5Gタブレットを用いた同時翻訳や、4K画質による観光案内映像の配信、駅ホームの固定カメラと駅ホームを見回りするロボットに搭載した4Kカメラの映像を、5Gを通じてモニタやVRゴーグルへの送信などが実施されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加