東京航空局、2018年12月分の航空機編入・削除を公表 | FlyTeam ニュース

東京航空局、2018年12月分の航空機編入・削除を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

東京航空局は2019年1月11日(金)、所管事業者の使用航空機について、2018年12月分の編入、削除を発表しました。12月は全日空(ANA)、ANAウイングス、日本ヘリシス、朝日航洋、日本フライトセーフティ、静岡エアコミュータの6社7機分がすべて削除されました。

このうち、ANAの 「JA8568」と「JA8579」は退役しアメリカ企業へ売却、ANAウイングスの 「JA359K」はユニカル・アヴィエーションへの売却ですでに離日、朝日航洋の 「JA6137」は海外売却されています。

■12月分
<削除>
全日空:767-300 「JA8568」「JA8579」
ANAウイングス:737-500 「JA359K」
日本ヘリシス:R44「JA002R」
朝日航洋:ベル206B 「JA6137」
日本フライトセーフティ:R22Beta「JA24NF」
静岡エアコミューター:AS355N 「JA355N」
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加