有名サッカー選手搭乗のPA-46-310P、行方不明に | FlyTeam ニュース

有名サッカー選手搭乗のPA-46-310P、行方不明に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

フランス・ナントからイギリスのカーディフに向かっていたパイパーPA-46-310P、機体記号(レジ)「N264DB」が2019年1月21日(月)、イギリス海峡のチャネル諸島付近で消息をたちました。フランスの航空当局の発表を受け、BBCなど報道各社が伝えています。

この機体には、プレミアリーグ所属のカーディフへ移籍が決定していたエミリアーノ・サラ選手が搭乗していました。この機体にはサラ選手を含む2名が搭乗しており、当日の19時15分にナントを離陸し、事故直前は5,000フィートの高度を飛行し、2,300フィートに降下する通信ののち、連絡が取れなくなったものです。

この機体の救難活動としてフランス海軍が艦艇や航空機を投入し、捜索にあたっています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加