マカオ航空、新たな特別塗装機を導入 成田/マカオ線に投入へ | FlyTeam ニュース

マカオ航空、新たな特別塗装機を導入 成田/マカオ線に投入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:マカオ航空の新機材「Cidade de Macau」

マカオ航空の新機材「Cidade de Macau」

マカオ航空は2019年1月29日(火)、新たなA320を導入しました。中国国際航空で使用されていた機体を引き受けたもので、トゥールーズで組み立てられた製造番号「4317」です。マカオ航空では機体記号(レジ)「B-MCI」で、ビジネス8席、エコノミー150席の計158席仕様です。

この機体は、マカオの美食を世界にアピールする「Macao Creative City of Gastronomy」をテーマにした特別塗装機です。マカオ政府が、観光文化とクリエイティブ産業の発展に取り組み、これと合わせた食文化を啓蒙する内容です。なお、機体の愛称は「Cidade de Macau(マカオの街)」です。

この新機材は、マカオ航空のTwitterによると、1月31日(木)の成田/マカオ線NX862便を皮切りに路線投入される予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加