BOAC塗装の747-400、ヒースロー空港に登場 定期便投入へ | FlyTeam ニュース

BOAC塗装の747-400、ヒースロー空港に登場 定期便投入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ BOAC塗装の747-400

ブリティッシュ・エアウェイズ BOAC塗装の747-400

  • ニュース画像 2枚目:特別塗装前の「G-BYGC」
  • ニュース画像 3枚目:塗装工場に進む747-400
  • ニュース画像 4枚目:チャタム・ドックヤード塗装での最後の様子
  • ニュース画像 5枚目:BOAC塗装の尾翼、ブリティッシュ・エアウェイズ100周年ロゴも
  • ニュース画像 6枚目:塗装工場からロールアウト
  • ニュース画像 7枚目:BOAC塗装でヒースロー空港に飛来
  • ニュース画像 8枚目:到着する様子を見守る客室乗務員
  • ニュース画像 9枚目:多くの人の歓迎を受ける

ブリティッシュ・エアウェイズ100周年事業の一環として、前身のブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズ(BOAC)時代に採用されたデザインを施した747-400、機体記号(レジ)「G-BYGC」が2019年2月18日(月)、ロンドン・ヒースロー空港に到着しました。塗装作業が行われたダブリンからヒースローへのフェリーフライトはBA100便として運航、ヒースロー空港に多くの人が集まりました。

「G-BYGC」は2月5日(火)、ダブリン空港の塗装作業の格納庫に入り、チャタム・ドックヤードの現行デザインが落とされた後、1964年から1974年に採用されたBOACデザインへ再塗装されました。

BOAC特別塗装機の747は2月19日(火)、ロンドン発ニューヨーク行きJFKのBA117便として運航される予定です。この路線への投入はBOACカラーの747が最初に飛行したルートにちなんだ選定です。

ブリティッシュ・エアウェイズは、2023年に747を退役させる計画ですが、この時期にかけてBOAC塗装を運航する予定です。ブリティッシュ・エアウェイズは747の退役と同時に新たな長距離路線の機材として今後4年間でA350を18機、787ドリームライナーを12機、導入する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加