エア・タヒチ・ヌイ、4月以降の燃油サーチャージ 3月までと同額 | FlyTeam ニュース

エア・タヒチ・ヌイ、4月以降の燃油サーチャージ 3月までと同額

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

エア・タヒチ・ヌイは、2019年4月1日(金)以降発券分の燃油サーチャージ額について、3月末までの徴収分と同額を継続すると発表しました。

徴収額は、日本/タヒチ間の全路線のすべての運賃が一区間につき10,500円となります。エア・タヒチ・ヌイは、2月、5月、8月、11月にシンガポールケロシンの価格を確認し、直前の3カ月平均燃油価格と適用表に従い、燃油サーチャージ額を決定しています。

4月以降の燃油サーチャージは、適用表のシンガポールケロシン価格が1バレルあたり8,000円以上9,000円未満の場合が適用されます。片道10,500円の運賃が下がる水準は、シンガポールケロシン価格が1バレルあたり7,000円以上8,000円未満の場合で、この場合は7,000円となります。

期日: 2019/04/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加