アトラス航空運航のアマゾン・プライム・エア、ヒューストン近くで墜落 | FlyTeam ニュース

アトラス航空運航のアマゾン・プライム・エア、ヒューストン近くで墜落

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

アトラス航空がアマゾン向けに運航する767-300ER、機体記号(レジ)「N1217A」、5Y3591便がテキサス州ヒューストン近くのトリニティ湾に墜落する事故が2019年2月23日(土)、発生しました。アワナック近くの湾内で土曜日の現地12時45分ごろに発生しました。

この機体はマイアミ国際空港を離陸し、ヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港に向かっていました。墜落現場は、ジョージ・ブッシュ空港の60キロメートル手前の位置で、当該便は着陸に向けて降下している際の出来事でした。

運航するアトラス航空の親会社アトラス・エア・ワールドワイド、製造者のボーイングは3名の乗務員がいずれも亡くなったことを受け、哀悼の意を表しています。

「N1217A」は1992年4月に初飛行し、中国南方航空、ラン航空を経て、2016年にアトラス航空に所属し、貨物専用機に改修、運航されていました。アマゾン向けのアマゾン・プライム・エアとしては2017年4月から運航していました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加