エア・パシフィック、「フィジー・エアウェイズ」に名称変更へ-1970年以来 | FlyTeam ニュース

エア・パシフィック、「フィジー・エアウェイズ」に名称変更へ-1970年以来

エア・パシフィック航空は1958年から1970年まで採用していた名称、「フィジー・エアウェイズ」に変更すると発表しました。エア・パシフィックは1970年に現在の名称に変更しましたが、今回はフィジーの伝統や独自性をアピールするため、再び過去の名称へ戻す予定です。

予定では、2013年6月にも名称を変更、2013年末までには機材の塗装、各種施設のブランド名の変更を行います。エア・パシフィックは2013年に新機材のA330-200型を導入する予定で、この機材から新しいロゴ、名称を機体に採用する計画です。

エア・パシフィックは現在、経営再建を進め、747-400型の退役なども予定しています。再建終了にあわせて「フィジー・エアウェイズ」に戻し、フィジーへの旅行者を増やす考えです。

メニューを開く