NEDOなど、複数ドローンの安全飛行で運航管理システムを実証試験 | FlyTeam ニュース

NEDOなど、複数ドローンの安全飛行で運航管理システムを実証試験

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:運航管理システムにおける飛行状況管理画面、イメージ

運航管理システムにおける飛行状況管理画面、イメージ

新エネルギー・産業技術総合開発機(NEDO)、日本電気、日本気象協会、日立製作所などは2019年3月1日(金)、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実証試験を実施、正常に作動することを確認したと発表しました。

この実験は2月25日(月)から2月28日(木)の4日間、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で実施されました。実験は、福島ロボットテストフィールドとその周辺の範囲に離着陸場を8カ所設置し、災害調査、警備、物流、郵便と4つの利用シーンを想定し、10機のドローンを15分程度にわたり、飛行させました。

試験の結果、今回開発した「運航管理統合機能」、「運航管理機能」、「情報提供機能」で構成される運航管理システムが、正常に作動すると確認されました。リアルタイムにすべてのドローンの位置情報を一元管理し、安全運航に関する情報を個別事業者に提供できました。

各事業者は引き続き、福島ロボットテストフィールドを活用した飛行試験を実施し、多数のドローンが安心、安全に飛行できる社会の実現をめざします。また、福島県は、2019年度の福島ロボットテストフィールド完成に向け、整備を進めます。

なお、2月下旬の試験では災害調査はNTTドコモ、警備はKDDI、物流は楽天、郵便は日立製作所のドローンを飛行させ、3次元地図情報をゼンリン、気象情報を日本気象協会、飛行計画管理をNEC、空域情報管理をNTTデータ、飛行状況管理を日立製作所で担当しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加