羽田空港の定時運航率、4年連続世界第1位の85.62% OAG調査 | FlyTeam ニュース

羽田空港の定時運航率、4年連続世界第1位の85.62% OAG調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:OAGが羽田空港を表彰

OAGが羽田空港を表彰

オフィシャル・エアライン・ガイド(Official Airline Guide:OAG)が実施した定時運航率ランキング調査「OAG Punctuality League 2019」において、年間3,000万席以上が供給される「メガ空港部門」で羽田空港の定時運航率が4年連続で世界第1位となりました。このほど、世界第1位を表彰するため、OAGが日本空港ビルデング、東京国際空港ターミナルの羽田空港を運営する両社を表彰しました。

OAGの定時運航率は、到着または出発する便が予定時刻の15分以内で、欠航便も対象となります。年間で片道250万席以上を供給する路線が対象となっており、羽田空港の定時運航率は85.62%でした。

日本空港ビルデング、東京国際空港ターミナルは2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、国内線・国際線旅客ターミナルを含め「オール羽田」で連携し、利便性、快適性、機能性に優れた施設とサービスを提供する方針です。

■OAG Punctuality League 2019
<世界の「メガ空港部門」定時運航順守率>
1位:東京国際空港 85.62%
2位:アトランタ国際空港 82.23%
3位:チャンギ国際空港 80.70%
4位:デンバー国際空港 80.65%
5位:ロサンゼルス国際空港 79.95%
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加