エミレーツ、ドバイ滑走路工事で早めの到着呼びかけ スムーズな運航実現 | FlyTeam ニュース

エミレーツ、ドバイ滑走路工事で早めの到着呼びかけ スムーズな運航実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ドバイ国際空港 コンコースA

ドバイ国際空港 コンコースA

エミレーツ航空は、2019年4月16日(火)から開始しているドバイ国際空港の南滑走路の補修工事に伴い、運航効率を最大限に高め、シームレスな出発、乗継ができる措置を実施しています。工事は5月30日(木)まで、予定されています。

その一環として、エミレーツ航空は、チェックイン、入国審査などで十分な時間を確保し、航空機の遅延を避けられるよう、工事期間中の利用者に遅くとも3時間前に空港に到着とするよう呼び掛けています。オンラインチェックインの手続き利用も勧めています。

搭乗開始は、長距離路線は出発時刻の90分前、また短距離路線では通常60分前からですが、75分前からに拡大し、搭乗者に早めの搭乗を促しています。アメリカ行き便は出発時刻の120分前から搭乗を開始します。なお、通常と同じく、搭乗口は出発時刻の20分前に閉まります。これらの時間を厳守することで、航空機の遅延を最小限に抑えます。

エミレーツ航空は工事期間中の運航がスムーズに行えるよう、素早い航空機の転回、ランプエリアにおける車両の動きを減らし、乗務員の効率的な動き、乗継客の動きの迅速化、予測される航空機メンテナンスなど、14カ月間をかけて関係各社と協力した計画を立て、実行しています。

南滑走路の補修作業は、同空港で1年のうち最も混雑しない時期に実施されており、特に2020年のドバイ国際博覧会(エクスポ 2020 ドバイ)の大量の訪問者に対応するため、長期的な利用拡大に必須な作業となっています。

期日: 2019/04/16 〜 2019/05/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加