東レ、オートクレーブ不使用で航空機向け真空圧成形プリプレグを開発 | FlyTeam ニュース

東レ、オートクレーブ不使用で航空機向け真空圧成形プリプレグを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:模擬尾翼部材の例

模擬尾翼部材の例

東レは2019年4月18日(木)、航空機向け真空圧成形プリプレグを開発したと発表しました。オートクレーブを使用せず、高品位で力学特性に優れた炭素繊維強化プラスチック(CFRP)成形体となる新たな航空機用の一次構造部材向けプリプレグです。この新技術を深化させ、航空機だけでなく、自動車、一般産業用途などの対象を拡大し、東レは製造コストを低減した高性能CFRP部材の需要拡大を推進する方針です。

民間機の主翼、胴体などに採用されるCFRP製一次構造部材は、炭素繊維にあらかじめエポキシ樹脂を含浸させたプリプレグを多数枚金型の上に積層し、オートクレーブで高い圧力を加えて加熱し、樹脂を硬化させて成形しています。このオートクレーブ法は高性能、高品位なCFRP部材を安定して成形できる利点がある反面、初期の設備投資額が数十億円以上と高額で、製造コスト増加の一因でした。

東レは2018年に新たな真空吸引による大気圧を利用した加圧で製造する真空圧成形技術を開発し、CFRP部材の成形技術に適したプリプレグを開発しました。新たなプリプレグは、オートクレーブ成形した航空機一次構造部材と同等の衝撃後圧縮強度、引張強度などの性能があり、航空機部材の厳しい品質管理基準をクリアするCFRP部材と確認されました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加