横田基地、オリンピック・パラリンピック時に民間機の利用 米検討 | FlyTeam ニュース

横田基地、オリンピック・パラリンピック時に民間機の利用 米検討

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:横田基地 イメージ

横田基地 イメージ

東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ、政府はアメリカ側に首都圏の発着枠を増やすため、在日アメリカ軍横田基地の臨時的な利用を打診している模様です。毎日新聞が2019年4月19日(金)付けで伝えました。横田基地の民間機利用は、東日本大震災の際にアメリカ系航空会社が旅客を乗せてダイバートした事例があります。

この報道を受け、スターズ・アンド・ストライプスは在日アメリカ軍の見解として報道の通り民間利用を検討するとしつつ、オリンピック、パラリンピックにあわせた協力は、あくまで即応体制や運用、軍事同盟とその義務の中でのバランスの中で検討されるものと軍の見解を伝えています。検討にあたりアメリカ軍、アメリカ大使館側は、日本側からオリンピック関連の詳細な情報提示を希望し、検討が始まった段階との見方です。

東京都の小池知事は記者会見で、これまで東京オリンピック・パラリンピックに合わせ、横田基地の民間機利用について国に要望してきたとしつつ、外交・安全保障に関わる基地問題は政府がまずは取り組む課題として、静観しています。その上で、アメリカや友好国など限定的な利用になった場合でも、都としては大いに活用したいと歓迎の姿勢です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加