JTA、夏季繁忙期に羽田/石垣線の一部便で767-300を投入 | FlyTeam ニュース

JTA、夏季繁忙期に羽田/石垣線の一部便で767-300を投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

日本トランスオーシャン航空(JTA)は2019年7月13日(土)から8月31日(土)まで50日間、羽田/石垣線の一部便で機材を大型化します。

この路線は1日2往復4便を運航しており、クラスJが20席、普通席145席、計165席の737-800を通常は使用しています。対象の夏季繁忙期のみ、1日1往復2便でクラスJ30席、普通席207席、計237席の767-300の国際線仕様の機材を投入し、1便あたりの座席数が72席増加します。運航はJALの乗務員が担当します。

767-300での運航スケジュールは、羽田発JTA71便が6時10分、石垣着9時、石垣発JTA70便は10時15分、羽田着13時15分です。

■運航スケジュール
<767-300での運航>
JTA071便  羽田  6:10 / 石垣  9:00  (デイリー)
JTA070便  石垣  10:15 / 羽田  13:15  (デイリー)
<737-800での運航>
JTA073便  羽田  14:50 / 石垣  17:40  (デイリー)
JTA076便  石垣  19:00 / 羽田  22:00  (デイリー)
期日: 2019/07/13 〜 2019/08/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加