ANA、キャンピングカー活用のリモートワーク 実証実験に協力 | FlyTeam ニュース

ANA、キャンピングカー活用のリモートワーク 実証実験に協力

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:滞在型観光の地域経済活性化イメージ

滞在型観光の地域経済活性化イメージ

九州周遊観光活性化コンソーシアムは2019年5月14日(火)、ANAホールディングス、テルウェル東日本と連携し、福岡県、熊本県、長崎県でキャンピングカーを活用したリモートワーク実証実験を実施すると発表しました。

この実証実験では、総務省の「IoTサービス創出支援事業」シェアリングエコノミー型九州周遊観光サービスモデル事業等で整備したWi-Fi環境があるキャンピングカーで移動・滞在する「車泊」しながらリモートワークを行います。

これまで仕事で行く可能性のなかった地域にキャンピングカーで移動しながら働くことによる効果、関係人口の増加、地方移住の促進に繋がるかなど、東京在住者から見た地方の可能性をモニター検証します。ANAは、テルウェル東日本が連携して都内在住者からモニターを募集し、東京から福岡までの移動で協力します。

実証実験は6月1日(土)から6月30日(日)まで、福岡県三潴郡大木町「道の駅おおき」、熊本県玉名市「草枕温泉てんすい」、熊本県球磨郡錦町「道の駅錦」、長崎県島原市「島原城」で行われます。

期日: 2019/06/01 〜 2019/06/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加