ANA、初の777貨物機を受領

ANA、初の777貨物機を受領

ニュース画像 1枚目:ANA 777F イメージ
ANA 777F イメージ

全日空(ANA)は2019年5月23日(木)、発注済みの777貨物機の1機目を受領しました。機体記号(レジ)は「JA771F」で、ヴィクターヴィルから羽田空港にフェリーされ、5月24日(金)の夜に到着しています。この機体は7月2日(火)から8月25日(日)まで、成田、関西、上海、成田をフライトするANAカーゴ便として運航される計画です。成田発で火、水、木、金、土は777F、成田発の月は767-300Fを使用します。

777Fは8月26日(月)から、成田/上海線の直行便として運航される予定で、その後は10月27日(日)から成田/シカゴ線に導入される計画です。

ANA Cargoは、777Fの導入を契機に、需要拡大が見込まれるアジアと北米間での航空機エンジンや自動車などの大型貨物や精密機器の輸送体制を強化します。特に半導体製造装置や医療機器などの取り扱いでは、新たな輸送サービス「PRIO SENSITIVE」を開始します。

この記事に関連するニュース
メニューを開く