陸自と海自、「いずも」艦上でマレーシアのHA/DR能力構築を支援 | FlyTeam ニュース

陸自と海自、「いずも」艦上でマレーシアのHA/DR能力構築を支援

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:いずも艦上での訓練風景

いずも艦上での訓練風景

  • ニュース画像 2枚目:病人の搬送

陸上自衛隊と海上自衛隊は2019年5月28日(火)、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも(DDH-183)」の艦上で、マレーシア海、陸軍への人道支援、災害救援(HA/DR)の能力構築支援を実施しました。北部方面隊第7師団の第11普通科連隊所属の隊員が担任し、「いずも」乗艦中の水陸機動団も参加しました。

この支援では、「いずも」に搭載された陸自の人命救助システムの展示や説明、海自と連携した震災状況下での捜索救助、救命救急にかかる訓練展示が実施されました。これを通じ、マレーシアとの相互理解を促進し、「自由に開かれたインド太平洋」構想への寄与をめざしています。

「いずも」艦上では隊員がマレーシア側に搭載する器材を説明、SH-60Jヘリコプター「8253」を使用した訓練展示などが実施されました。

期日: 2019/05/28
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加