A350「JA01XJ」、6月14日8時ごろに羽田到着 | FlyTeam ニュース

A350「JA01XJ」、6月14日8時ごろに羽田到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:JA01XJ、いよいよ日本へ

JA01XJ、いよいよ日本へ

日本航空が導入するA350-900初号機、機体記号(レジ)「JA01XJ」は2019年6月14日(金)、羽田空港に到着する予定です。トゥールーズでの納入式典などを経て、フェリー便で8時ごろに到着する予定です。

このA350は日本の航空会社が保有する初の機種で、国土交通省航空局は2019年4月、「エアバス式A350-941及びA350-1041型」に型式証明を発行しています。JALはロールス・ロイスのトレントXWBエンジンを搭載したA350XWBについて、A350-900を18機、A350-1000を13機、計31機を発注しており、「JA01XJ」は一連のA350の1機目になります。

「JA01XJ」は5月17日(金)、最終組み立てが行われたフランスのトゥールーズで初飛行し、その後も地上、飛行試験が進められていました。JALが導入するA350のうち、初号機から3号機までは特別塗装機で、初号機の「JA01XJ」はJALのシンボルカラーで「挑戦」を示すレッド、2号機「JA02XJ」はイノベーション「革新」を表すシルバー、3号機「JA03XJ」は地球環境に配慮し持続的な成長を目指す「エコ」のグリーンで、それぞれ「AIRBUS A350」と記します。

また客室は、ファーストクラス12席、クラスJが94席、普通席263席、計369席を装着します。JALはファーストクラス、クラスJ、普通席と機内デザインを一新し、新機能の座席とサービスを導入した新たな客室を採用しています。初便の運航予定は9月1日(日)の羽田/福岡線で、羽田発JAL317便が12時10分、福岡着14時、福岡発の初便はJAL318便の15時、羽田着は16時40分を計画しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加