羽田空港、到着出口の集約化と地下1階案内カウンターをリニューアル | FlyTeam ニュース

羽田空港、到着出口の集約化と地下1階案内カウンターをリニューアル

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:第1ターミナル1階の到着ロビー

第1ターミナル1階の到着ロビー

羽田空港は2019年6月21日(金)から、第1ターミナル1階の到着ロビーの出口集約化と地下1階案内カウンターをリニューアルオープンします。羽田空港では現在、9月末の完成に向けてリニューアル工事を実施しており、これに先立ち、一部の運用を開始します。

6月21日(金)からは、これまで1番から12番まであった出口を1番から8番までに集約し、わかりやすくします。到着出口のうち、2番、3番、6番、7番は、9月末までにフライト情報表示画面をモニターからプロジェクターに切り替え、大型化させて視認性を向上します。なお、地下1階案内カウンターは館内環境改善に伴うリニューアルです。

羽田空港では引き続き、旅客の利便性向上と館内環境改善に向けた施策を実施し、空港の機能性向上をめざします。

期日: 2019/06/21から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加