8,700キロを飛行するA321XLRがローンチ、単通路機で最長 | FlyTeam ニュース

8,700キロを飛行するA321XLRがローンチ、単通路機で最長

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:A321LXR

A321LXR

  • ニュース画像 2枚目:8,700キロメートルの航続距離
  • ニュース画像 3枚目:A321LXRで飛行できる路線、インフォグラフィックス

エアバスは2019年6月17日(月)、新たなA321neoファミリーとして、A321XLRの市場投入を発表しました。A321LRが市場から非常に好意的な反応を得ていることから、単通路機のベストセラーを補完する新たな機種として、2023年に商用飛行の開始を目指します。

A321XLRは、A321LRより長い航続距離に対応し、前世代の競合機よりも座席あたりの燃費が30%低くなります。この航続距離は最高4,700海里、およそ8,704キロメートルで、A321LRより15%以上長く飛行できます。この航続距離により、ワイドボディ機で運航するインドからヨーロッパ、中国からオーストラリアなどの一部路線を置き換えることができ、大西洋路線を結ぶ新たな直行便路線を増やすことも可能です。

A321XLRは、A321LRやこれまでのA320neoファミリーと共通性を最大限に保ちつつ、必要な変更は最小限に抑える設計を採用します。主な変更としては、搭載する燃料量を増やす新たな後部センタータンクの装備、最大離陸重量(MTOW)の増加に伴う改良型着陸装置、現在のA321neoと同じ離陸性能とエンジン推力要件を確保するための主翼後縁フラップなどです。

このA321XLRをリース会社のエア・リース・コーポレーションが27機、 ミドル・イースト航空が4機を発注しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加