シンガポール航空、A380新仕様の客室 改修1機目の作業が完了 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空、A380新仕様の客室 改修1機目の作業が完了

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:シンガポール航空のA380新仕様

シンガポール航空のA380新仕様

エアバスは2019年6月18日(火)、シンガポール航空が計画している14機のA380の客室改修のうち、1機目の改修が完了したと発表しました。この客室全面改修はSIAエンジニアリング・カンパニー(SIAEC)とエアバス・サービスが協力して実施しています。

シンガポール航空は2017年11月、新たな客室仕様にリニューアルすると発表し、2018年後半から改修作業が開始されていました。改修プログラムはエアバス・サービスがサービス・ブリテン(SB)と客室部品の納入を担当し、A380の2階建ての機内にシンガポール航空の新客室を取り付けるため、A380の設計に関わる知識、技術的な知識が提供されました。

この新たな客室は、アッパーデッキにスイート6席、ビジネスクラス78席、メインデッキにプレミアムエコノミー44席、エコノミー343席を装備する計471席の仕様です。新キャビンを搭載したA380は、新造機で5機を導入、14機をリニューアル、現在この1機目のリニューアルが終了しました。作業は、2020年までに完了する予定です。

残る13機のA380の客室改修はSIAECとエアバスのジョイントベンチャー、ヘビー・メンテナンス・シンガポール・サービシーズが実施します。改修対象の機材は、機体記号で9V-SKF、9V-SKG、9V-SKH、9V-SKI、9V-SKJ、9V-SKK、9V-SKL、9V-SKM、9V-SKN、9V-SKP、9V-SKQ、9V-SKR、9V-SKS、9V-SKTです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加