アエロフロート、7月8日からモスクワ/トビリシ線を運休 反露デモで | FlyTeam ニュース

アエロフロート、7月8日からモスクワ/トビリシ線を運休 反露デモで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:アエロフロート A321

アエロフロート A321

アエロフロート・ロシア航空は2019年7月8日(月)から、モスクワ・シェレメーチエヴォ/トビリシ(ジョージア)線の運航を停止します。

ジョージアは2008年の軍事衝突以降、ロシアと国交を断絶していますが、6月20日(木)にロシア下院議員がジョージア議会の議長席で発言したことに反発し、多数のデモ隊が議会に押し寄せるなど反ロシア騒乱が起き、国民の安全を確保できないとしてプーチン大統領がジョージアへの渡航自粛を勧告したものです。

アエロフロート・ロシア航空は2019年夏スケジュールで、モスクワ・シェレメーチエヴォ/トビリシ(ジョージア)線をA321、737-800、またはA320で週14便運航しています。アエロフロート・ロシア航空は同路線を停止するまでの間、ジョージアにいるロシア人の輸送に焦点を当てます。なお、7月8日(月)以降の同路線の航空券を保有している場合、再予約や返金の手続きに対応します。

期日: 2019/07/08から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加