AIRDO、千歳基地航空祭に伴う遅延の可能性に注意喚起 7月8日から | FlyTeam ニュース

AIRDO、千歳基地航空祭に伴う遅延の可能性に注意喚起 7月8日から

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:小松基地 F-15

小松基地 F-15

AIRDOは、2019年8月4日(日)に航空自衛隊千歳基地で開催される「千歳基地航空祭」に伴い、新千歳空港発着便への影響について公表しました。例年、新千歳空港を離着陸する一部便で遅延が発生しており、AIRDOは2019年も遅延が発生する可能性があると注意喚起しています。

定期便への影響が予想される日は、航空祭当日と事前訓練日の計7日間です。7月8日(月)、7月16日(火)、7月22日(月)、7月29日(月)の事前訓練は10時15分から10時30分まで、またその前後の時間帯です。8月2日(金)は11時15分から11時30分まで、8月3日(土)は11時15分から11時30分まで、13時40分から14時20分までとその前後の時間帯に影響が予想されます。

航空祭当日の8月4日(日)は、10時15分から10時30分まで、11時15分から11時30分まで、13時40分から14時20分までの時間帯に影響を受ける見込みです。

なお、事前訓練の予備日として、7月9日(火)から7月12日(金)、7月17日(水)から7月19日(金)、7月23日(火)から7月26日(金)、7月30日(火)から8月1日(木)が設定されています。これらの日に訓練が実施された場合は、10時15分から10時30分とその前後の時間帯に影響が予想されます。

なお、AIRDOは航空祭や事前訓練に伴う航空券の変更、払い戻しは悪天候などによる不可抗力と同様の扱いとします。また、新千歳空港周辺の道路混雑も予想されるため、空港へのアクセスについても注意するよう呼びかけています。

期日: 2019/07/08 〜 2019/08/04
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加