フィリピン・エアアジア、関西/マニラ線に就航 初の日本路線 | FlyTeam ニュース

フィリピン・エアアジア、関西/マニラ線に就航 初の日本路線

ニュース画像 1枚目:フィリピン・エアアジア、関西線の就航を前に記念撮影
フィリピン・エアアジア、関西線の就航を前に記念撮影

フィリピン・エアアジアは2019年7月1日(月)、関西/マニラ線に就航しました。運航はデイリーで、機材はA320で、初便は機体記号(レジ)「RP-C8950」を使用しています。

関西発Z2189便は13時50分、マニラ着16時55分、マニラ発Z2188便は8時30分、関西着13時15分で運航されます。同路線は フィリピン・エアアジア初の日本路線で、現在、フィリピン航空、ジェットスター・アジア、セブパシフィック航空も就航しています。

なお、フィリピン・エアアジアはマニラ発着で、クアラルンプール、コタキナバル、バンコク、ホーチミン、デンパサール、上海、広州、深圳、香港、マカオ、台北、高雄、ソウル・仁川線に就航しており、関西線を含めると、国際線就航地は計14都市となります。

■運航スケジュール
Z2189便 関西 13:50 / マニラ 16:55 (デイリー)
Z2188便 マニラ 08:30 / 関西 13:15 (デイリー)
期日: 2019/07/01から
メニューを開く